なにゆえそう思うんだろう

私たちは一秒たりとも考えることをやめることはできないことを知っていましたか?

マグロが泳ぐのを止めると死んでしまうのと同じように、私たちは生きるために脳はかたときも休まず働いているのです。

瞑想では、心を無にすること=何も考えていないこと、と解釈する人も多くいると思いますが、実際は私たちは「なにか」を想っています。

 

いろいろなことを考えながら生活をしているなか、なぜあなたはそう思うのでしょう。

好きな色はと聞かれて答える色はなぜ?

海か山かと聞かれて、山が好きと答えるのはなぜ?

痩せたいと思うのはなぜ?

出世したいと思うのはなぜ?

家族仲良くいたいのはなぜ?

 

質問に対して答えることは簡単に見えるかもしれませんね。

ごもっともな理由が出てくることと思います。

ただ、あなたがそれを選ぶに至った道のりや原因を知ること、分かることは難しいのではないでしょうか。

 

これまでの経験や環境、さまざまな刺激などから脳は複雑な回路を形成していき一つの思考を導き出します。

そのようなときになぜ自分はこう思うようになったのだろうかと、ちょっと客観的に物事を見てみる機会があってもいいように感じます。

最近話題の豊田真由子議員の「このハゲーー!」等の暴言は今年の流行語大賞になるのではないかという勢いですが、なぜそういうことを言おうと思うのでしょうか

エリート街道を進んでいく中で自分の言動を立ち止まって見てみる機会が得られなかったことは大変残念ですが、今まさにそれを体験している最中ということかもしれません。

 

家族に対しても同じです。

なぜ子供に向かってこの言葉を使うことをあなたは選んだのですか?

なぜ親に対して複雑な想いを抱いてしまうのですか?

 

今あるものはあなたが選んだのではないとも思うかもしれません。

しかし、法律がそうなっているから、ルールだから、それが常識だから、という理由で納得してしまっているならすべての選択権を他者にゆだねてしまっていることになり、「あなた」という存在は無くなってしまいます。

プログラムされたことに忠実な人間であるなら、それはただのロボットですよね。

 

フランスの哲学者デカルトの言葉に「われ思う、故に我あり」がありますが、なぜそう思うのか(思わないのか)をあなたなりに考えてみることに似ているかもしれません。

言葉を鵜呑みにするのではなく、より深くあなたの心を観ていきましょう。

 

生まれた直後というのは何も分からない状態ですね。

そこから、しつけ、教育、家庭環境等の影響を受けていきます。

生まれたときからあるあなたの資質もあります。

自我が形成されていくなかでいろいろな出来事がありますので、決してあなたが間違っているということではありません。

 

ただ、誰かと意見が対立したときや違和感を感じるときなどに、あなたの立場が絶対だと思わず、あなたの持っている価値観に焦点を当ててみることで、なぜそこまでこだわるのか、なぜ他ではだめなのか等、何か新たな気づきが出るかもしれません。

それが心の余裕にも変わっていくのではないかと感じます。

ありがとうございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

よかったなと感じたらバナーを押して応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村

ついでにシェアもよろしくお願いします。

↓↓<(_ _)>↓↓

その親切心は本当に必要か

人に親切にすることは大切です。

お互いが親切にすることで心の交流が生まれます。

また、相手に対する思いやりの心も生まれてきます。


親切は良いコミュニケーションを生み出すのにとても有効ですね。

しかし、その親切は本当にその人のためになっていますか?

 

相手に親切にすることは思っている以上に難しいときがあります。

なぜならこちらの思う親切は受け取る側からすると親切ではないと思うことがあるからです。

そのようなことは誰もが一度は体験しているのではないかと思いますが、あまり深くは考えないのではないでしょうか。

 

ただ、この日本という国は親切ということに関しては、他国に比べて非常に深く追及している国のひとつではないかと感じます。

日本を表す言葉に、おもてなし、思いやり、ホスピタリティなどがあります。

昨日の都議会選挙では都民ファーストの会が圧勝しましたが、この会の名前も「都民が最優先」と掲げています。

 

そのことからも、私たちにはこの親切心が身体にしみ込んでいるといってもいいかもしれませんが、それでも誤解や衝突が生まれてしまいます。

なぜ親切にしたのに嫌われるのか、嫌な顔をされるのか、感謝されないのか。

答えは簡単です。

それは、相手には親切に映らなかったから、です。


あなたはきっと○○すれば喜んでもらえる、感謝してもらえると思うから親切にするのだと思うのです。

ただし、それだけの理由で行動してしまうと思わぬ反応が返ってくかもしれません。

なぜなら、それはあなたの一方的な考えや価値観によって行われていることだからです。

 

例えば、友人があなたに妊娠したことを報告したとしましょう。

あなたは新しい命が宿ったことに嬉しさを感じて「おめでとう」と言いました。

しかし、友人は泣き出すかもしれません。

なぜでしょう?

それは、もしかしたら親から出産を反対されたかもしれません。

もしかしたらレイプされたときにできてしまった子どもかもしれません。

それを知っていたら、あなたは「おめでとう」と言えるでしょうか?

 

そのようなことを考え出すと何もできなくなりそうですね。

ただ、良いことをすることも簡単ではない、ということを自覚しておく必要はあると思います。

 

家族のなかでも、子どものために、あなたを想って、家族のために、頑張る人も多いでしょう。

ただ、その頑張りや想いは本当に相手に伝わっているでしょうか?

誤解されてはいないでしょうか?

相手は本当にその頑張りが欲しいと思っているでしょうか?

 

『小さな親切大きなお世話』という言葉があります。

たまには、あなたの行動が裏目に出てしまうことがあっても仕方がないことです。

そんな時にはあなたがどういう想いでそういう行動をしたのかを、よく相手に話をして説明しましょう。

それは、あなたの行動(親切)が正しいことを相手に分かってもらうことではありません。

あなたを喜ばせたい、一緒に楽しみを分かち合いたかった、ということを解かってもらうために話しましょう。

言葉や行動が裏目に出ても、気持ちが相手に伝われば、その気持ちは受け取ってもらえるはずです。

 

そして、その場に最適な親切ができるように日々精進していきたいですね。

そのためには相手をよく観察してみましょう。

天気、場所、表情、持ち物、目線、洋服、性別、時間帯などなど、できる限りいろいろな情報をインプットして必要と思われる言葉や行動を相手に投げかけてみましょう。

上手くできなくてもよいのです。

大切なのはやはり「気持ち」なのですから。

ありがとうございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

よかったなと感じたらバナーを押して応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村

ついでにシェアもよろしくお願いします。

↓↓<(_ _)>↓↓

小さな命から学ぶことができるか

6月に入り気温も上がってきて昼間の日差しが厳しく感じはじめましたね。

そして、暑い季節になると必ずと言ってよいほど出てくるニュースがあります。

 

それは、「乳幼児の車内放置」です。

 

つい先月にも、生後2ヵ月の娘を車の中に5時間半放置し、熱中症で死なせたとして23歳の女性が逮捕されました。

当初は自宅アパートの駐車場に娘を置いていたと供述していたようですが、実はパチンコ店の駐車場に置き去りにしており、当人はパチンコをしていたようです。

嘘をついたのは世間体が気になったとのこと。

パチンコに行った理由は「ストレスが溜まっていた」と話しているそうです。

 

毎年のようにこのような悲しいニュースが流れているにもかかわらず、なぜ人は同じ過ちを繰り返してしまうのでしょう。

逮捕された女性はストレスが溜まっていたと言っていますが、育児のストレスがあったことは間違いないでしょう。

さらにその他にも夫婦関係や親子関係、経済的な理由など、様々な要因が複合的に重なって正常な判断ができなかった可能性はあります。

 

想像するに、この女性は育児をひとりで頑張っていたのではないでしょうか。

育児をひとりでこなすのは大変なことです。

とくに生後2ヵ月の子どもはひと時も目を離すことなどできない時期ですよね。

それなのに、車中に5時間半もの間一人にしてしまうことを選んでしまった母親の気持ちや精神状態はかなり不安定だったのではないかと感じます。

若くて経験も知識も少なく、パチンコに行く間に預けられる人間もいないとなればかなりの確率で心身共に孤立状態となります。

 

このような事故を無くすためにはどうすればよいのでしょうか。

車中に子供を置き去りにしないというのは確かにその通りで、徹底して周知しなければいけません。

それでも、出てきてしまう背景には子育てによるストレス解消が十分できていない家庭環境が多くあるということを知る必要はあるかもしれません。

育児ストレスにより追い詰められた状態では正常な判断ができなくなるのですから、早い段階で周囲のサポートによりストレスを解消することが大切だと思います。

 

それは本人からサポートを求める勇気も必要ですし、周りの声掛けや交流によって防げることもあるでしょう。

今回は生後2ヵ月の命が失われました。

私たちはこの小さな命から何かを学ばなければいけませんよね。

自分に何ができるのか考えてみましょう。

少しの力やサポートで小さな命が救われるかもしれないのですから。

ありがとうございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

よかったなと感じたらバナーを押して応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村

ついでにシェアもよろしくお願いします。

↓↓<(_ _)>↓↓

書くことをあなどってはいけない

もし何かもんもんとしていてたり、心の整理ができないと感じているなら、紙に書いてみましょう。

とても単純な方法ですが、意外とできない人が多いようです。

 

書くことのメリットを簡単にあげると、

・視覚化できる

・脳が整理される

・指先を使うことで運動脳の刺激となる

・脳の老化防止になる

・客観的になれる

・記録に残るので忘れない

・気持ちがすっきりする

 

などがあります。

会社に入社したばかりであればだいたいメモを取ることをアドバイスされるます。

仕事を管理する上でもTODOリストを作ったりしますね。

 

脳で考えているだけではどうしても忘れてしまいます。

あれをしてこれをしてそして。。。。とやっているうちにあれっ?となります。

スーパーに買い物に行くときなど、買うものリストを作っていかないとほぼ100%買い忘れが起こります。

 

書くという行為は良いことばかりにみえますが、それでも書けない人がいます。

その理由は、めんどくさい、これまで書いてこなかったから、書き方が分からない、というのがほとんどではないでしょうか。

 

めんどくさいというのは紙と鉛筆を用意しなければいけない、取りに行かなければいけないからですね。

家のなかであれば30mも歩けば解決するのではないかと思うのですが。。

外出しているときなどは携帯のメモ機能など使えばよいですね。

 

これまで書いてこなかったから不便を感じない、必要性を感じないということであれば本人は気にならないので問題はありません。

しかし、もしかしたら周りの人たちに少し迷惑をかけている可能性もあります。

あなたのミスや失念を周りが温かくカバーしていることもあるからです。

 

書き方が分からないのはこれまで書いたことがなければ当然ですが、難しく考える必要はありません。

紙に自分の感じたこと、思ったこと、やるべこと、などを自由に書いてください。

バラバラに書いてあることをいったんカテゴリーに分けて整理してみてたりしてみましょう。

そして、また書いてをなんども繰り返していきます。

この時は紙がもったいないなどとあまり考えないようにしましょう。

他にも、ブレインストーミング(自由に書き出すこと)ツールとしてマインドマップがあります。

マインドマップとは、ひとつの言葉を起点に連想ゲームのように言葉を繋げていくやり方です。

パソコンの無料ソフトとしてダウンロードできるものがいくつかありますので試してみてもよいと思います。

 

これは個人的な感想ですが、パソコンよりも手書き、ボールペン・シャープペンシルよりも鉛筆のほうが落ち着くように思います。

もう一度この原始的な作業をすることで画期的なアイデアが浮かぶかもしれませんよ。

ありがとうございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

よかったなと感じたらバナーを押して応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村

ついでにシェアもよろしくお願いします。

↓↓<(_ _)>↓↓

鏡がないなら

私たちは相手がいるから自分というものを確認できます。

 

例えば、あなたの真正面に誰かほかの人に立ってもらいます。

あなたは動かず相手がちょっとずづ左右にずれながら

あなたの真正面に立ったかどうかを感覚で確認します。

 

同じように今度は横に並んでもらい

前後に少しずつ移動してもらいます。

すると、一番しっくりとくるところが見つかるはず。

 

そうするとそこがあなたの体の中心線というわけです。

 

どうぞお試してあれ。

人は鏡となっていろいろなことを教えてくれるのです。

しかし、もし鏡がこの世になかったならどうなるでしょう?

 

まず、自分の容姿を見ることができませんね。

自分が見えないということはどのような体型で

どのような顔確認することは非常に困難になります。

手などの触覚からの情報が主になりますね。

その他は他の人からフィードバックをもらったり

似顔絵を描いてもらったりといったところでしょうか。

 

逆に、自分が見えていないなら私はとてもハンサムだと

思い込むことも可能です。

相手からのフィードバックもあくまで想像となるからです。

「服が似合ってないよ」と言われても

自分で全体を見ることができなければ

似合っているのかどうかはっきり分からないですよね。

 

鏡が無ければ自分の世界のみに生きることになります。

相手の言葉を真実として受け取れるかも自分次第です。

例えば、貴方の目は垂れ目です、と言われても

それを確かめることはできません。

もし垂れ目が嫌だと思っていれば、自分は垂れ目じゃない

と想うこともできるわけです。

 

そしてまさに「心」がそうなのです。

心を映し出す魔法の鏡はありません。

 

心は世界を自分の都合の良いように作りかえ、

そこに居続けることもできるのです。

 

だからといって自分を心を知るのに特別なことはありません。

やはり同じように自分の心が相手にどのように映っているかを

相手から心で感じたことをフィードバックしてもらう

ことで知ることができます。

 

自分は○な想いを伝えたいと思っていても

相手はそれを△な想いとして受け取ったかもしれないからです。

 

正直にどのように思いが伝わったのかを共有することで

すれ違いが解消されお互いの心が分かります。

 

心理カウンセリングとはそのような場なのだと思います。

カウンセラーが鏡となることで自分を客観的に見つめ、

事実を受け容れ、そして理解を深めることが

できるのだと感じながらお話を聴かせて頂いております。

 

自分の心を覗いてみたいかた、どうぞお越しくださいね。

ありがとうございます。

脳から世界へ

インターネットの普及によって様々なことを

知ることが出来るようになりましたね。

そのひとつに口コミや投稿などがあって、

他人がどのように思っているのかも分かるように

なりました。

 

私たちはニュース、モノ、ヒトに対してすぐにコメント

することが出来るようになりました。

フェイスブックやツイッターなどのSNS。

掲示板や評価サイト。

ニュース記事やブログに対するコメント。

 

自分がどう思ったかだけではなく、

他人が同じ記事を読んでどう思っているかも

分かるわけですから便利な世の中になったように感じます。

 

しかし、ときに感じることは、

簡単に自分の考えや感想を書き込めるために

あまりにもストレートな言い方になってしまい、

過激な表現となりすぎてしまうことで

不快感や揉め事の原因になることが

あるということです。

 

自分の意見や主張をすることが

悪いのではありませんが、

人間関係というのはお互い尊重しあうこと

で円滑になります。

 

インターネットで投稿する場合は

発信するほうも投稿するほうも一方通行です。

そうすると、相手を尊重するという気持ちが

どうしても薄れてしまいがちです。

そのため、自分の感情や考えが

何のフィルターも通ることなく発信されます。

 

脳で思ったことがそのまま手を動かし

世界にばら撒かれている感じですね。

 

それがインターネットの中で収まるのなら

まだよいのですが、実際の世の中が

そのようになっていくとちょっと心配ですね。

 

みんなが好き放題自分の事ばかり話をする

世界を想像してみると、あまり平和なイメージ

が湧かないのは私だけでしょうか。

 

やはり尊重や思いやりが大切なのだと

再認識したのでした。

ありがとうございます。

自由な世界

あなたがこの世界でなんでもできる全能の神と

なったなら何をしたいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を思いましたか?

 

多くの人は自分の欲望を満たすことを

考えていたのではないでしょうか。

 

人や環境を変えようとしていたかも

しれません。

 

もしくは自分の性格や容姿を

変えようと思ったかもしれませんね。

 

そして、それが今あなたの頭のなかを

占めている事柄なのかもしれません。

 

では、その事柄はあなたに良い影響を与えていますか?

 

もし悪い影響を与えているのなら

それは大きなストレス源となっているかもしれません。

 

残念ながら神のような能力は私たちにはありません。

できることは自分に一番近いところから変わっていくこと。

 

一番近いところはどこか。

それは自分の「心」だと思います。

 

心に意識を向ければ実は心も外の世界と同じように

とても広くて深いことにも気づくでしょう。

 

何ごともバランスが大切です。

外の世界にばかり囚われているのなら

少し自分の心を見つめなおしてみませんか。

 

運転中にスピードメーターを見ずに

走っているといつの間にか暴走していた

なんてことがないように、

こまめに確認していきましょう。

ありがとうございます。

善い心をつくる

いよいよ2017年が始まりました。

今年はどのような年になるか今から楽しみですね。

 

1年1年をどのように過ごすかは歳を増すごとに

大切なのだなあと実感しています。

何も考えずに過ごしてしまうとあっという間に

1年が過ぎ去ってしまいますからね。

 

書き初めなどで年ごとに抱負を立てることは

とても良いことだと思います。

同じように人生においても何か目標のようなもの

があっても良いのではないでしょうか。

目標は人それぞれ違うかもしれません。

 

しかし、すべての人にあてはまるようなものは

ないのでしょうか。

そんなことを考えていた時に思ったことは、

「人はより善い心をつくること」

が生きる目的のひとつなのではないかと感じました。

 

お金持ちになる、

一流選手になる、

社長になる、

世界旅行をする、

世界を変えることをする、

など、人生の目標は自由で大きくてよいと思います。

 

ただ、それはすべて善い心をつくるためのもの

だと思えればどうでしょうか。

善い心をつくるための紙やすりとなり

すべての経験は自分を磨くためのものとなり

間違った方向にも行きにくいのではないかと感じます。

 

人生を通して行うことなのできっと完成している

心を持っている人など誰もいないはずです。

だからコツコツ磨き続けていればよいのかもしれません。

シャカシャカと磨いていればいつの間にか

釈迦みたいになっているかもしれませんよ?!

ありがとうございます。

上を向いて歩こう

私が心身の健康維持のために気をつけている

ことのひとつに「正しい姿勢を維持する」

というのがあります。

特に一番姿勢が崩れやすいときは

パソコンの前で作業している時ですね。

首が前に出て背骨が丸まってしまいがちです。

そのため常に意識して姿勢の崩れに気づいたら

その都度直すクセをつけています。

歩いているときでも自分の背筋をチェックして

猫背になっていないか確認しています。

 

私はもともとそれほど姿勢が良いわけでは

ありませんでした。

しかし数年前に姿勢を正しくしようと思い

いろいろと矯正法を試したり、本を読んだりしながら

今では随分と良くなってきました。

しかし、正しい姿勢が一番楽な姿勢というところまで

はまだ到達していません。

 

なぜ、私たちは歳とともに姿勢が悪くなっていくのでしょう?

もちろん、高齢者でも背筋がピッと立っている方はおられます。

その違いは何でしょう?

 

私たち人間は重い頭が一番上にあります。

そのため筋力が落ちて重力に逆らえなくなり重い頭を

支えられなくなるというのが一般的な理解ではないかと思います。

 

そのような姿勢になるのは崩れた身体のバランスを放置し続ける

ことでだんだんと悪くなっていくからでしょう。

 

きっと姿勢が良いままの人は、手のひらにホウキを立てて

倒れないようにバランスを取っている状態と同じで、しっかり

背骨で支えられているから頭が垂れてくることもないのでしょう。

 

ではどうすれば背骨が立つのでしょうか?

それは単純に頭を背骨の上に乗せれば良いということ。

 

私たちは年齢とともに下を向いている時間が

長くなっているように感じます。

考え事をしているとき、ムカついているとき、

悲しいとき、何も考えていないとき、

他人と目をあわせないようにするとき、

スマホをさわっているとき、

1日のうち下を向いている時間は一体どれだけなのか

考えてみると、かなりの時間下を向いているように感じます。

 

対して子ども(幼児)は外の世界すべてのものが自分より

大きいため必然的に上を向くことになります。

大人と話をする時をイメージすると分かりやすいですね。

また、子どもは様々なことに興味を持つため

目線は遠くを見ています。

嬉しい、楽しい、面白い、気持ちいい、そんなプラスの感情

も素直に表現できるので顔も上がります。

 

街中で自分が子どもになったつもりになって

仮想大人に話しかけてみてください。

背骨の伸びを感じると同時に

固くなった筋肉も感じられるのではないでしょうか。

 

私たち大人は筋力や柔軟性の衰えだけではなく、

プラスの感情を感じる感受性も衰えてしまっている

のかもしれませんね。

普段、無意識にマイナスの感情に支配されているのなら

ウソでも良いのでルンルン気分で上を向いて歩いてみませんか?

きっと背筋は伸び、気分は晴れて、今までとは違う風景に

出会えるのではないかと思うのです。

ありがとうございます。

緊張からはじまる

私たちは様々なストレスを抱え、

それが限界を超えると心身に障害が現れます。

では何がその障害の原因なのでしょうか?

ストレスはどこから発生するのでしょうか?

そんなことを何気なく考えていました。

 

そして、気づいたことは「緊張」でした。

 

心が緊張すると身体は自然に固くなります。

その状態が頻繁に起こったり、

長時間継続したりすることで

ストレスと感じるのではないでしょうか。

 

緊張から固さが生まれ、固さから障害が生まれる。

 

心や身体が固くなるということは

柔軟性が失われるということですね。

心が固い人は孤立していきます。

身体が固い人は怪我をしやすくなります。

ということは私たちの心や身体には柔軟性が必要で

しなやかで柔らかいということは健康に

つながるということなのだと感じます。

 

日常生活の中、自分の心や身体が緊張で

固くなっている瞬間は意外と多いことに気づきます。

「あ、肩が上がって硬くなっている。」

「う、心がひとつのことに囚われている。」

そんなことにちょこちょこ気づくことで

緊張を解いてあげることで重大なストレスにまで

至らずに済むかもしれません。

 

柳のようにゆらゆらと揺られているほうが

「柳の木」という形をいつまでも保っていられる

のではないでしょうか。

ありがとうございます。