家族の問題は小さなものから大きなものまで様々ですね。

しかし、ほとんどの問題は小さな問題から発生していると思います。

この小さな問題とは価値観や習慣の違いから起こることが多く、自分の主張が通らない時に衝突してしまいます。

矢印でいえば、向き合って衝突している状態ですね。

この衝突が激しくなる場合もあれば、矢印が逆を向いて離れていく場合もあります。

 

いずれにしても家族間の問題は大きくなるばかりです。

この問題を解決するにはどうすればよいのでしょうか。

ひとつの解決策は矢印の方向を共通の方向に向けることです。

ベクトルを同じ方向に向けるのです。

 

「類は友を呼ぶ」という言葉もあるように、人はグループとなる生き物のようです。

 

親の問題と子どもの問題、のように個別の問題として扱うのではなく、家族としてどうなっていきたいのかを考えていくことはときに有効です。

親の立場としてどのような家庭を望んでいるのか、子どもの立場から望む家族とは何なのか。

お互いの立場を共有して同じ目標を定めるだけで、関係に変化が現れることもあります。

 

もし、家族がまとまっていないと悩んでいるのであれば、何か大きな目標を家族で持ってみましょう。

家族がまとまらないのは向いている方向や求めているものがバラバラだから。

ほとんどは家族としてまとまりたいと感じているはずです。

しかし、そのまとまり方や密度は人それぞれ違うものです。

 

例えば、世界平和は誰もが望んでいることだと思います。

しかし今、世界では国同士で利益を取り合い、争い、いがみ合っていますね。

そして、それはその人(国)が信じる平和への道ゆえともいえるかもしれません。

そこで、もし宇宙人が地球を侵略に来たならどうなるでしょう。

そうなればきっと地球人として世界はひとつにまとまることでしょう。

 

何か共通の戦うべき「敵」が見つかると「チームメイト」となることが可能です。

今日の敵は明日の味方というわけです。

 

そのときのポイントは特別に大きな目的を設定する必要はありません。

むしろ、日ごろ何気ない瞬間を共有して共感できればいいのだと思います。

それは、テレビで笑ったところが一緒だったり、一緒にゲームを楽しんでいる瞬間だったり、問題解決のために共に悩んでいるときだったりするかもしれません。

そのような積み重ねで心のベクトルは同じ方向を向きだすのではないかと感じています。

 

あと、大切なことは自分の方向に相手を向かせるのでなく、相手に自分が合わせていく努力が必要です。

 

是非、気長にお試しください。

ありがとうございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

よかったなと感じたらバナーを押して応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村

ついでにシェアもよろしくお願いします。

↓↓<(_ _)>↓↓