これからはあなたの時代がやってきますよ

興味深い記事を読みました。

 

ブランドではなく「消費者」がブランドの時代に

https://forbesjapan.com/articles/detail/15042?utm_source=YahooNews&utm_medium=referral&utm_campaign=yahoonews

 

これまではブランドを所有することで、そう見られたい、という表面的な理由から購入することが多いではないでしょうか。

しかし、そもそもブランドというものは、そのデザインや機能性、会社の理念などが私らしさと一致して共感したときに最大のアイテムとなりますね。

私らしさというものが自分のなかに確立されており、それに見合うブランドを身につけるような感じです。

政治でいうとあなたの主義主張に一番近い政党や議員に投票するようなものでしょうか。

 

ところがSNSの登場により個人での情報発信が容易にできるようになった時代、私たちはより「私」であるを大切にしたいということなのでしょう。

ブログ、facebook、ツイッター、youtubeなど、様々な媒体や機能を利用することで「私」というものをかなり正確に発信できるようになっています。

その流れに各企業が気づき始めているということだと思います。

 

家族でも同じです。

これまでは「家」や「家系」というものがとても重要視されてきました。

結婚式に関しても○○家と○〇家、ご両家の結婚ではなく、●●さんと●●さんの個人の結婚という形になってきています。

家というブランドではなく、あなた自身がブランドであって、その個人(ブランド)に惚れた人が一緒になる。

これからも家柄なども重要な要素として残っていくにしてもその割合は小さくなり、個々人の価値観や愛情の大きさがより大きくなっていくように思います。

 

親子の関係でも個とのずれからすれ違いとなることも多くあります。

長らく家族のルールに縛られて生きてきた方などは、成人になってからも自分というものを確立できなかったりすることもよくあります。

それは、個の考えではなく組織の考えを常に優先してきたからです。

そのため、長年仕事一筋で働いてきたお父さんに限って、やっと定年で自由な時間を手に入れたと思ったら、何をやっていいのか分からなくなってしまうような現象が起こってしまうのです。

 

ちなみに、心理カウンセリングは一人ひとり、相談者の悩みや問題に合わせてお話を進めております。

マイブランドを確立したいよという方、お待ちしておりますね。

ありがとうございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

よかったなと感じたらバナーを押して応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村

ついでにシェアもよろしくお願いします。

↓↓<(_ _)>↓↓

深呼吸したら?

今日もいい天気ですね。

こんな日はのんびりと過ごしたくなりますね。

 

それでも、仕事をしなくちゃいけないよ〜、という人が大半かもしれません。

ただ、毎日忙しく働いているとどんどん心の視野が狭まってしまいそうですよね。

 

そんな時は「大きく深呼吸」です。

 

ちょっと外に出て大きく背伸びをしてみましょう。

もし、デスクワーク中心なら大きく背中を反らせてみましょう。

そうすることで胸がひろがって空気がたくさん入り込めるようになります。

 

身体は固くはなっていないですか?

手をあげて身体を伸ばし、手をおろしながら力も抜いていきましょう。

 

頭の中も空っぽにしていきましょう。

青い空をボーっと眺めるだけでもいいですね。

 

ただただボーっとしてみます。

たったの1,2分でもけっこう長く感じるのではないかと思います。

 

そのとき呼吸は大きく深く行いましょう。

風船が胸の中で大きく膨らむようなイメージを持つと分かりやすいでしょうか。

無理なく続けられる範囲でやればよいです。

 

休憩のときにタバコを吸っている人も多いと思います。

このタバコを吸う動作もほぼ深呼吸していることと同様です。

タバコを加えて大きく吸って煙を大きく吐いているでしょう。

ただ健康のことを考えたらタバコというフィルターはないほうがいいですよね。

 

呼吸を意識することで心のふり幅を調整することもできます。

もし仕事で煮詰まったときなどは新鮮な空気をたくさん取り入れて身体の換気をしてみてください。

心が落ち着けば、ものごとの見え方も変わってくるはずですから。

ありがとうございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

よかったなと感じたらバナーを押して応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村

ついでにシェアもよろしくお願いします。

↓↓<(_ _)>↓↓

書くことをあなどってはいけない

もし何かもんもんとしていてたり、心の整理ができないと感じているなら、紙に書いてみましょう。

とても単純な方法ですが、意外とできない人が多いようです。

 

書くことのメリットを簡単にあげると、

・視覚化できる

・脳が整理される

・指先を使うことで運動脳の刺激となる

・脳の老化防止になる

・客観的になれる

・記録に残るので忘れない

・気持ちがすっきりする

 

などがあります。

会社に入社したばかりであればだいたいメモを取ることをアドバイスされるます。

仕事を管理する上でもTODOリストを作ったりしますね。

 

脳で考えているだけではどうしても忘れてしまいます。

あれをしてこれをしてそして。。。。とやっているうちにあれっ?となります。

スーパーに買い物に行くときなど、買うものリストを作っていかないとほぼ100%買い忘れが起こります。

 

書くという行為は良いことばかりにみえますが、それでも書けない人がいます。

その理由は、めんどくさい、これまで書いてこなかったから、書き方が分からない、というのがほとんどではないでしょうか。

 

めんどくさいというのは紙と鉛筆を用意しなければいけない、取りに行かなければいけないからですね。

家のなかであれば30mも歩けば解決するのではないかと思うのですが。。

外出しているときなどは携帯のメモ機能など使えばよいですね。

 

これまで書いてこなかったから不便を感じない、必要性を感じないということであれば本人は気にならないので問題はありません。

しかし、もしかしたら周りの人たちに少し迷惑をかけている可能性もあります。

あなたのミスや失念を周りが温かくカバーしていることもあるからです。

 

書き方が分からないのはこれまで書いたことがなければ当然ですが、難しく考える必要はありません。

紙に自分の感じたこと、思ったこと、やるべこと、などを自由に書いてください。

バラバラに書いてあることをいったんカテゴリーに分けて整理してみてたりしてみましょう。

そして、また書いてをなんども繰り返していきます。

この時は紙がもったいないなどとあまり考えないようにしましょう。

他にも、ブレインストーミング(自由に書き出すこと)ツールとしてマインドマップがあります。

マインドマップとは、ひとつの言葉を起点に連想ゲームのように言葉を繋げていくやり方です。

パソコンの無料ソフトとしてダウンロードできるものがいくつかありますので試してみてもよいと思います。

 

これは個人的な感想ですが、パソコンよりも手書き、ボールペン・シャープペンシルよりも鉛筆のほうが落ち着くように思います。

もう一度この原始的な作業をすることで画期的なアイデアが浮かぶかもしれませんよ。

ありがとうございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

よかったなと感じたらバナーを押して応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村

ついでにシェアもよろしくお願いします。

↓↓<(_ _)>↓↓

苦しみは選んじゃおう

人の一生は長いでしょうか、短いでしょうか。

 

生まれて間もなく死んでしまう赤ちゃんもいれば、100歳以上まで生きている高齢者の方までいます。

 

当たり前に生きていますが、なぜ生きているのかは分からずに一生懸命生きています。

 

それでも苦しみは誰にでもあります。

 

この苦しみがなければ人生どれだけ楽だろう、と皆思うかもしれません。

 

しかし、この苦しみは無くなることはなさそうです。

 

釈迦は『人生は苦なり』と悟りました。

 

悟りとは、そういうものなのだと受け容れることなのだと感じます。

 

苦しみはそこにあり続けるものなのだ。

 

と、この苦しみを受け容れることができたならどうなるでしょう。

 

苦しみをなくそうと頑張る人生ではなく、何か他のことを目標にできそうな気がしませんか?

 

どうせ苦しい思いはするのだ、ならその苦しみを自分で選ぼう、と。

 

そっちのほうがもっと自分の人生を生きていると感じられるような気がしませんか?

 

だらだらと過ごすことも悪くはないです。

 

生き急ぐ必要もないです。

 

でも何かを成し遂げたいと思うようなことがあるなら、人生って短いのではないでしょうか。

 

そう考えると今この瞬間というのはとても大切。

 

私たちはとても貴重な時間を過ごしていることになります。

 

高いチケットを買って一流のコンサートを見たり、講演を聞いたりすることなどだけが貴重な時間ではありません。

 

今、私がまだ死んでいないということは、まだ生きなければいけないということなのですから、私たちは存在自体が貴重なのです。

 

そのなかで目の前のことにどれだけ真剣に向き合えているか、それが実際の行動にどれだけ移せているかで人生の質と充実度は大きく変わってくるのではないでしょうか。

 

たとえ今、引きこもっていたとしても、しっかりと自分に向き合い、行動に移すまでの準備期間だと思えばいいのです。

 

何かにチャレンジして、失敗するかもしれない、恥をかくかもしれない。

 

心は苦しいですが、それは選べる苦しさです。

 

あなたが選んだ苦しさに、あなたはちゃんと耐えられるようになっています。

 

どうせ苦しいのならあなたのやりたいことと向き合いながら苦しむほうがよくないですか?

 

今の日本はそれができる国なのです。

 

人のベストと比較する必要はありません。

 

人が100できてあなたが50しかできなくてもいいのです。

 

ただただ、あなたのベストを尽くしていきましょう。

 

ありがとうございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

よかったなと感じたらバナーを押して応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村

ついでにシェアもよろしくお願いします。

↓↓<(_ _)>↓↓

 

 

 

分かってほしくて争うのかな

人間だれしも平和であることが良いと考えていますね。

しかし、人類は絶え間なく争いを繰り返しています。

そう、今この瞬間にも。

 

たまたま見つけた動画ですが、これを眺めるだけでもいろいろと考えさせるられますね。

https://youtu.be/bYy2W_5F27M?list=PL3wKnYBygU0yhNqIjF8o6uvwch7srzWos

[世界の戦争1000年の歴史(西洋から見た)]

 

争いは対立するだけでは始まりません。

その対立が真正面からぶつかってお互いが避けないときに発生します。

道を歩いていて正面からも人が歩いてきたとき、お互いが譲らなければぶつかります。

非常にシンプルですね。

私たちはそういうときにどうしていますか?

あなたはどうしていますか?

ほとんどの場合はお互いが一歩ずつ避けあって通り過ぎるのではないでしょうか。

 

物理的にはできても、思考になるとできなくなってしまう人は結構多いように感じます。

自分は絶対正しいのだ、という思考に囚われてしまうのです。

 

親子の問題でも多くがこの思考のパターンにはまっていることがあります。

子どもが間違っている、親がおかしい、などの考えを持つだけでは問題にはなりません。

しかし、その考えを相手にぶつけたときに問題となります。

子どもが間違っているのだから、親としてそれを正してあげなくてはいけない。

などといったことから対立が激しくなってしまうのです。

 

人には承認欲求というものがあります。

誰もが持っているもので、人から認められたいと思う気持ちです。

〇〇さん、素晴らしい!その通り!素敵!尊敬します!美しい!かっこいい!

と言われれば素直に悪い気はしないですよね。

逆に、〇〇さん、ダメだよ!おかしいよ!間違っているよ!センスないね!ブサイクだね!生きてる価値ないね!

と言われれば素直に良い気はしないはずです。

 

人は否定的なことを繰り返し言われ続けると、この承認欲求は強くなります。

表面的には自分はダメな人間だと思っていても、心の奥底では自分を認めてほしい!という気持ちがマグマのようにたぎっているものです。

その気持ちが噴火して出てきてしまうと、人によっては自分の考えを曲げることができなくなってしまいます。

自分は道を譲ることができず、譲られたことが認めてくれたことと勘違いしてしまうようなものですね。

 

人は認められたくて戦争までしてしまうということでしょうか。

人は認めてほしいからその相手を殺してしまうのでしょうか。

なんだか矛盾しているようにも感じますね。

 

しかし、家庭で起こる問題の多くも同じようなものかもしれません。

相手に対して強く対立心が起こった時には一度あなたの心のなかを覗いてみましょう。

物理的な平和は心の平和のうえに成り立っているのかもしれませんね。

ありがとうございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

よかったなと感じたらバナーを押して応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村

ついでにシェアもよろしくお願いします。

↓↓<(_ _)>↓↓